会長挨拶

この先の未来へ

2019-20年度 川崎北ロータリークラブ会長

朝山 浩 ―あさやま ひろし―

歴史と伝統のある川崎北ロータリークラブの第60期会長の大役を務めることとなり、身の引き締まる思いです。

今年度のRI会長であるマーク・ダニエル・マローニー氏が掲げたテーマは、「ロータリーは世界をつなぐ」です。マローニー氏は、国際協議会において「ロータリーを成長させることです。私たちの奉仕活動やプロジェクトのインパクトを成長させること、また、最も重要なのは、これからより多くのことを達成するために会員を増やすことです。ロータリーで私たちは、お互いの違いを超え、深く、意義あるかたちでお互いにつながることができます。ロータリーは、ロータリーがなければ出会うことがなかった人びと、職業上の機会、私たちの支援を必要とする人たちとのつながりをもたらしてくれます」と「会員増強」の重要性を述べています。

そして、今年度、国際ロータリー第2590地区ガバナーである轟 淳次氏が掲げた地区テーマ及び方針は、「原点を忘れずに挑戦」~入りて学び、出でて奉仕せよを実践しよう~です。
例会に出席し、様々な職業の方との異業種交流から学び、奉仕活動を充実させ、地域社会に認知頂き増強に結び付けようとの事です。

私は、これを受けまして、今年度の川崎北ロータリークラブのテーマを「この先の未来へ」といたしました。60年の節目の年を迎え、これまでの活動の歴史を振り返り、川崎北ロータリークラブと地域の未来を輝けるものとするために、何ができるかを考え、皆様と共にチャレンジしてまいりたいと存じます。

それを具体的な行動に移すために、4 つの方針を掲げます。

  1. 60周年記念事業をとおして好意と友情を深めます。
  2. 卓話や研修、会員間の親睦や情報交換を通じ出席率の向上を図ります。
  3. 委員会の活性化と公共イメージを高めます。
  4. 会員増強を図ります。

もとより微力ではありますが、自分に与えられたこの貴重な1 年間が意義ある年度となり、また、川崎北ロータリークラブが、これから先の未来もさらに輝けるよう、精一杯務めさせていただきます。会員の皆様のご理解とご協力を重ねてお願い申し上げます。

お問い合わせ ログイン ログアウト