会長挨拶

未来の川崎北ロータリークラブのために

撮影:タウンニュース

2021-22年度 川崎北ロータリークラブ会長

峯岸 雅宏 ―みねぎし まさひろ―

新型コロナウイルスの終息が見えない状況下、例会もZoomなどのオンラインなどを活用し行っていますが、本来の例会に参加する意味を考え、出来るだけ例会に参加して頂けるよう安全対策を行い、会員皆様の安全を第一に考え、通常の例会を行って活動して行きたいと思います。

今年度、シェカール・メータ 国際ロータリー会長のテーマは
『奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために』
奉仕とリーダーシップの旅路において、とても大切な一歩を踏み出します。私たちが共用するロータリーのビジョンに導かれながら、大きな夢に向かって計画を立て、目標を定め、その目標を達成するようロータリアンにインスピレーションを与えやる気を引き出します。この旅路において、皆さんは地区のロータリアン及びローターアクトと目標を分かち合い、「もっと行動し、もっと成長する」ための意欲を喚起するという大きな役割を担います。「もっと行動し」とはより大きくインパクトをもたらす奉仕プロジェクトを意味します。「もっと成長し」とは会員を増やし、参加者基盤を広げる事を意味します。
私たちは「もっと行動する」ために「もっと成長する」必要があります。

そして今年度、小倉 正 国際ロータリー第2590地区ガバナーのテーマは
『クラブ基盤のさらなる充実強化』~会員の増強こそが最大のサービス(奉仕)~

  1. ロータリーの目的に沿った魅力あるクラブ創りに取り組みましょう。
  2. 会員基盤の充実と強化をしましょう。
  3. 奉仕プロジェクトの充実を図りましょう。
  4. ロータリー財団と米山記念奨学事業に対するご理解と寄付に協力しましょう。
  5. 公共イメージとロータリーの認知度の向上を図りましょう。
  6. IM(インターシティミーティング)を開催しましょう。
  7. マイロータリーの登録率を向上させましょう。
  8. 2021-22年度ロータリー賞(ロータリークラブ対象)に挑戦しましょう。

私は、これを受け今年度の会長方針は
『未来の川崎北ロータリークラブのために』
各ロータリークラブの会員が減少している中、RI会長も一人の会員が一人を増強出来れば会員数を130万人に増やすことが出来ると言われていました。かつての川崎北ロータリークラブを取り戻すために会員増強に力を入れ自ら先頭に立ち行動していきます。また会員が増えた時の情報教育等を踏まえて親睦にも同等の力を入れて行きたいと思います。

会員増強

  1. 川崎北RCに在籍していた会員のご子息に声をかける。
  2. 異業種交流などで知り合った人を誘ってみる。
  3. 地域の会社経営者に声をかける。

親睦

  1. 外部卓話に頼らず会員のミニ卓話を増やし会員同士の親睦を深める。
  2. 親睦委員の例会受付は川崎北RCの顔です。出来るだけ大人数でお客様をお迎えする。
  3. 新入会員が入った時は親睦委員が率先して例会のイロハを教える。

ロータリアンである喜びとロータリー活動を通して知り合った友人との楽しい時間をこれからロータリアンになる人に伝えていきましょう!!1年間宜しくお願い致します。

ログイン ログアウト