会長挨拶

ONE TEAM

2020-21年度 川崎北ロータリークラブ会長

松山 直樹 ―まつやま なおき―

前年度より新型コロナウイルスが世界的に蔓延し皆様の生命、身体、財産を脅かしています。
この危機はとても深刻です。今までロータリークラブは厳しい時代を生き抜いて来ました。今回の異常な状況にクラブとしてどのように支援出来るかを第一優先として、活動したいと思います。

今年度、ホルガー・クナーク 国際ロータリー会長 の テーマは
『 ロータリーは機会の扉を開く 』
「ロータリークラブとは、クラブに入会するというだけでなく、無限の機会への招待です。ポリオ根絶のように大規模で歴史的なプロジェクトから、地域社会でのささやかなプロジェクトや、1 本の植樹まで、奉仕する機会への扉を開いてくれます。私たちの中核的価値観を基に、世界中の友人たちとともに、より豊かで意義のある人生へ機会の扉を開いてくれます。私たちのあらゆる活動が、どこかで、誰かのために機会の扉を開いています。あらゆる機会を皆さんと共有できる
ことを楽しみにしています。」と、語られました。

そして今年度、吉田 隆男 国際ロータリー第2590地区ガバナーのテーマは
『ためになる魅力あるロータリー』
~自分を磨き、品格(高潔性)とクラブの魅力を高めよう~
「1.ロータリーの魅力を再発見 2.新しい戦略計画を実行 3.会員基盤の強化 4.財団、米山記念奨学の事業の意義を理解し寄付に協力 5.公共イメージを推進 6.ロータリーの友の活用7.IMの実施 8.マイロータリーの登録率の向上 9.ロータリー賞に挑戦」の9項目の方針を掲げられています。

私は、これを受け今年度の川崎北ロータリークラブのテーマを『ONE TEAM』といたしました。
全てが不確実で刻々と変わりゆく状況の中、適切な対応を迅速に行動する事が最重要と考えます。専門業種の連携、ベテラン会員の貴重な経験・知識、若い会員の前例に捕らわれない新しい発想、女性会員ならではの意見等、様々な提案をひとつにまとめ、「ONE TEAM」で直面する難問題に向かって行く所存です。このピンチをチャンスと捉え、活気ある運営、有意義な社会貢献により、公共イメージ向上の結果、魅力あるクラブへの入会者が増加する事を目標とします。
情勢悪化の場合は、物理的な距離を保ちながら共に自らの安全、人々の安全を確保しつつ活動できるバーチャル形式のオンライン会合の具現化を目指します。

【重要目標】

  1. 会員の安全・安心な運営
  2. 必要に応じ委員会の枠に捕らわれない合同委員会
  3. 魅力的な例会づくり
  4. 会員増強 (純増) 2名
  5. マイロータリーの登録
  6. ロータリーリーダーシップ研究会(RLI)に参加
  7. R 財団・米山記念奨学への寄付推進
  8. 将来の基盤と方向性についての検討

ログイン ログアウト