HOME

川崎北RC事務所


〒211-0063
川崎市中原区小杉町
3-70-4
ホーユウパレス
武蔵小杉104
TEL:044-722-8037 
FAX:044-722-3344

Email:
knrc@nifty.com

地図:

AEDパンフレットへのリンク

社会奉仕委員会作成

2008年11月
川崎市消防局へ寄贈しました。

交通安全冊子パンフレットへのリンク

社会奉仕委員会作成

2010年3月
中原警察署へ寄贈しました。

いじめ冊子パンフレットへのリンク

社会奉仕委員会作成

2012年10月
中原区民祭等で配付しました。


活動報告

第36回 かわさき鈴虫祭り

8月26日(土)、恒例の「かわさき鈴虫祭り」が宮内の常楽寺(まんが寺)にて開催されました。
今年も、来賓として福田川崎市長、田中和徳衆議院議員がご参加くださいました。

当日の様子はTVKにて29日(火)9時半のニュース番組で紹介されました。ネットのYAHOO ニュースカナロコ by 神奈川新聞にも記事が掲載されております。是非、ご覧ください。

ご存知のように故加藤吉次先生が公害の街・川崎のイメージを払拭しようと始められた活動です。今年で、36回目の開催です。残念なことに毎年お手伝いいただける会員の数が減っています。いつも中心で活動している戸川会員と洪会員が大変な思いをして、準備に奔走しています。ご協力をよろしくお願いします。

例年日本テレビの24時間テレビとは開催日が同じになることが多いのですが、今年度は、何か他のイベントがあったのか、参加者は昨年度を大きく下回り、400名くらいになってしまいました。

尚、毎年「鈴虫文集」を発行しております。これは、地域の郷土資料として永遠に残る大切な資料だと思います。今後も文集の発行が途切れなく続けるためには、皆様のご協力が必要です。是非、皆様からの寄稿をお待ちしています。


     

     

         

       



サイクロンの爪痕 〜バヌアツ訪問記
   第6回バヌアツ国際奉仕団(2016年2月12日〜15日)

国際奉仕活動として、川崎北RCと川崎中原RCは地区内の他クラブとも協力し合いながら、マラリア撲滅のための医療奉仕を2001年よりバヌアツ共和国に対して継続して行っています。今年(2016年)で15年目を迎えます。

川崎北RCと川崎中原RC は先週(2月12日より15日)6回目のバヌアツ訪問を実施しました(総勢10名)。今回の訪問の目的は昨年末に送った2台目の救急車の贈呈式に参加するためです。今回も川崎市消防局より昨年の11月に救急車を譲り受け、その車両を整備し直し、電源なども海外仕様に変更して船便で送りました。

寄贈式は、バヌアツ健康省の次官や現地のロータリークラブ会長、病院関係者、日本からの海外青年協力隊の隊員などに列席いただき、13日(土)朝からビラ中央病院で行われました。バヌアツでは2日前に内閣改造があったばかりということで、残念ながら、バヌアツ健康省の大臣は出席いただけませんでした。
朝、式典会場に到着しても、まだ準備が終わっておらず、さすがに南国、すべてにのんびりです。予定時間を20分ほど過ぎてから、やっと寄贈式が始まりました。まずは、歓迎の花飾りを一人ひとり首にかけてもらい、その後、我々の自己紹介へと進みました。 次に、健康省の次官と現地ロータリークラブの会長より歓迎の挨拶を頂きました。 その健康省の次官の挨拶の中で「2020年にはバヌアツからマラリアは撲滅されると予測されています」という言葉を聞くことができました。2001年に我々が始めたマラリア撲滅のための医療支援が、やっと結実される日を迎えることができそうだという、この報告に訪問者一同皆胸を熱くしました。

翌日14日の日曜日は昨年のサイクロンの爪痕を見るため首都ポートビラのあるエフェテ島をマイクロバスで一周しました。現地にいる海外青年今協力隊の2名が一緒に行動しました。サイクロンの時は、2012年に送った1台目の救急車が非常に役立ったそうです。サイクロンよりほぼ一年が経っていますが、サイクロンの爪痕は至る所で見られました。大きな樹木がポキリと折れた状態で倒れて放置されたまま、海辺の船が岸に打ち上げられ沈没しかかって放置されたまま、ホテルなどの建物は復興半ばのような状態でした。サイクロンの威力と怖さを実感させられました。サイクロンからの復興には、またまだ我々の支援が必要であることを感じた今回の訪問でした。
少しでも早いサイクロンからの復興と、我々に支援の結実として2020年と予測されているマラリア撲滅を願ってやみません。


         




救急車をバヌアツへ

川崎北RCは、川崎中原RCや川崎高津南RCに協賛していただいて、川崎市消防局より頂いた救急車をバヌアツ共和国に贈ります。その救急車の譲与式が11月17日(火)に川崎市消防局にて行われました。我々クラブの面々は、来年2月に第6回目のバヌアツ国際奉仕団を結成し、バヌアツでの寄贈式(2016年2月13日を予定)に臨みます。
今回の寄贈する救急車は、バヌアツ共和国の一番大きな島・サント島のNORTHERN PROVINCIAL HOSPITALにて活躍する(?)予定です。


クラーク記念国際高等学校横浜青葉キャンパスIACの活動報告

8月26日(日)、日本テレビ「24時間テレビ」の仙台のローカル放送局枠に、「手話による合唱」で出演しました。

クラーク記念国際高等学校横浜青葉キャンパスIACは、東日本大震災の復興を中心に活動しています。そして、この活動を行うにあたり、工夫していることが2つあります。1つは、私たちが通うクラーク高校が宮城県仙台市にもあるということを生かし、クラーク仙台キャンパスに呼びかけ合同でボランティアをしているということです。既にボランティア経験があり、被災地の現状についても詳しい仙台キャンパスの仲間と活動を行うことで、ただ単にボランティアをするのではなく、震災当時の様子や、被災者の方々の心境の変化、またニュースなどでは報道されないような現状を知ることができました。これによって、改めて被災地の厳しい現状について学び、継続的に支援を続けることの重要性を強く実感しました。

もう1つの工夫している点は、授業で習得した製菓の技術を活かし、自分たちで作った菓子を販売してその売上げを資金にしていることです。募金という形でお金を寄付していただくのではなく、協力して下さる方々にも喜んでもらえないかと考え、実行に移しました。最初は、認知度が低く売り上げるのはとても困難でしたが、それでもたくさんの応援して下さる方々に出会い、十分な活動資金となりました。私たちは、復興を望んでいる多くの方々の支えにより、ボランティア活動ができているのだと幸せに感じています。

私たちは、このような「製菓販売」「宮城県での震災復興ボランティア活動」を通してとても多くのことを学び、貴重な経験をさせていただいています。この恵まれた環境に感謝することを忘れずに、これからの活動にも真剣に、そして一生懸命に取り組んでいきたいです。

クラーク記念国際高等学校横浜青葉キャンパスIAC
関野 亜沙美 先生




救急車を南太平洋に浮かぶ島嶼国・バヌアツ共和国へ

3月24日(土)、川崎北RCはバヌアツ共和国にあるポートビラ中央病院に救急車を寄贈し、その式典に近隣RCの面々(総勢17名)と参加してまいりました。現地で行われた式典では、バヌアツ共和国の保健省の事務次官、WHOの現地代表、地元のロータリアン、その他大勢の病院関係者などの方々から感謝の言葉を頂きました。救急車も、今頃は、バヌアツの地で「ピーポー、ピーポー」と活躍をし始めたことでしょう(あまり活躍しない方が本当は良いのですが)。
この救急車は、今年一月に川崎市消防局より川崎北RCに譲渡された車両です。この時の譲渡式の模様は、NHKの首都圏版のニュースで、また翌朝には朝日新聞、読売新聞、神奈川新聞の3紙により報じられました。

川崎北RCは、2000-01年度よりバヌアツ共和国でのマラリアの撲滅を目指し、各種の医療機器をポートビラ中央病院に送り続けてきました。また、隔年毎に国際奉仕訪問団を結成し、今まで寄贈してきた医療機器がどのように活用されているか、現地を訪問して自らの目で調査してきました。
そのような縁で、一昨年に開催された当クラブの50周年記念式典に同病院の医院長を含む3名のスタッフを招待し、滞在中に日本の最先端の医療現場を案内しました。その一環として川崎市消防局を訪問しました。そのときに救急車を見た医院長の「こんな救急車がバヌアツにもあればなぁ」という一言から、今回の救急車の寄贈計画は動きだしました。川崎市消防局に相談、約一年に亘る交渉の結果、今回無事バヌアツまで送り届けられました。

この救急車の同病院への寄贈にあたっては、以下の近隣クラブ及び企業・団体に一方ならぬご協力を頂いております。改めてここに感謝の意を表します。

近隣クラブ:川崎中RC、川崎中原RC、川崎とどろきRC、川崎高津南RC
企業:トヨタ自動車(車両整備)、日本通運(車両輸送)
団体:東京大学工学部有志(車両外装)



詳細はこちらからご覧いただけます。



<HOME>
Copyright(C)2004-2016 Kawasaki North Rotary Club All Rights Reserved.
.